【クリスタ】パース定規とグリッドの使い方【基本】

クリスタ使い方

パース上手く描けないなあああああああああああ。

背景描けるようになりたいけど、ツールの使い方難しくてよく分からんし……。

今回の記事はパース定規の基本的な使い方を解説するので、こういった人に読んでもらえればと思います!

パース定規以外の定規については以下の記事をご参照ください。

【クリスタ】特殊定規の使い方【スナップ】

パースについての前提知識はある前提で話しています。パースの説明記事もそのうち書くと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パース定規の使い方

定規ツールの中にパース定規があります(画像で消えてるけど^^;)ので、クリックすると線が引けるようになります。

ツールのプロパティは両方チェック入れといてください。

  • 透視図法を変更:2点、3点透視図法にする場合に消失点を増やすのに必要になります。
  • 編集レイヤーに作成:レイヤー右に定規ツールのアイコンが出てくるようになります。他の定規と同じく、全レイヤー/フォルダ内レイヤー全部に表示させたりも設定可能です。

今回は2点透視図法で行きます。

あ、レイヤーはベクターレイヤーにしときましょう。

【ペン入れ】ベクターレイヤーを使いこなそう:きれいな線画を描く【クリスタ】

消失点を決める

最初に消失点を定めたいと思います。

適当なラフをもとになぞるように線(ガイド線)を2本引きます。ガイド線を延長させた交点が消失点になりますね。

2点透視図法は消失点が2点あるということですので、もう1つの消失点も同じように定めます。

絵の中でパースを反映させようと思うと、消失点は画面外まで大幅に飛び出ることが普通です。

アイラインを水平にする

消失点を結ぶ直線がアイラインです。

この例だとわりと真っ直ぐになっていますが、ラフをもとに起こしたアイラインは水平でないほうが多いですね。

以下のようにアイラインを水平にして固定しましょう。その後でガイド線や消失点を調整していきます。

ガイド線やアイラインはオブジェクト操作、またはCtrl押しながら対象をクリックし、ドラッグや右クリックで操作可能です。

ガイド線に沿って線を引く

そしたら実際の線を引いていきます。「特殊定規にスナップ」をONにしましょう。フリーハンドで描くときはOFFにします。

これでガイド線にスナップして線が描けるようになります。

上手く線がスナップされないときは、ペンタブからペンを離さず描いた線の始点まで戻すと、描いていた消去されて、別のガイド線を参照するようになります。

グリッド線の設定

窓枠やドアの高さなど、パースがあっても大きさを統一したい場合にはグリッド線が有効です。というか大抵はグリッドを使います。

ちょっと深いところにあるのですが、以下のようにパースのついたグリッド線を表示させることができます。

オブジェクト>対象のガイド線(消失点)選択>ツールのプロパティ>グリッドを選択

もう一つの消失点を起点にする線も同じようにやりましょう。

ちなみにちゃんとやるならxyzそれぞれグリッドのます目を揃えてあげる必要があります。

最後に消しゴムツール「交点まで消去」を使ってきれいにし、定規を削除すれば完成です。マウスで描いたから微妙に線が汚いのは目を瞑ってください><

まあ基本はこんな感じです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クリスタ使い方
フォローする
和波の創作活動ブログ_xxfiction