【作業環境】デジ絵を描き始めるために必要なもの一式

イラスト描き方

デジタルでイラストを描いてみたいんだけど、どのくらいお金がかかるの?

とりあえず最低限必要なものが知りたいな。

この記事はこんな人にオススメです。たぶん。

まあ今回はテスト投稿を兼ねた私のお絵かき環境公開記事なので、すんごい軽い内容になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とりあえず必要なもの

とりあえず必要なものはこの3つです。

  1. パソコン
  2. ペンタブ
  3. お絵かきソフト

皆さんパソコンは持っていると思うので、あとペンタブとお絵かきソフト合わせ15,000円くらいです。

パソコン

ノートPC/デスクトップPC/タブレットどれでもいいですが、スマホは流石に厳しいですかね。

最低限お絵かきソフトが動くスペックであれば良いです。といっても以下の通り、わざわざお絵かきPCを組まなくても普通に動きます。

体験版があるので、事前にダウンロードして動作が問題ないことを確認しましょう。
≫ CLIP STUDIO PAINT 体験版ダウンロードはこちらから

ペンタブ

いっぱい種類がありますが、Amazon先生で高評価のエントリーモデルで十分です。ただ使いやすさ考えてサイズはMが良いと思います。

ちょっとだけランク上げて高性能なものを買うとやる気がでます。記事の趣旨に反していますが。

私のはWacomのBAMBOO FUNって白いモデルなんですけど、これくっそ古いからもう売ってないらしい(´・ω・`)

7年前くらいかな買ったの。よく壊れないというか、あんまり使ってなかったというか。

お絵かきソフト

何も言わずCLIP STUDIO(クリップスタジオ:クリスタ)のPRO版を買ってください。無料ソフトとは機能が全然違うので。

前はPhotoshop使ってましたが、クリスタのほうがよりイラストに特化しているので、使いやすさという点で勝ります。

画像用にアマゾンのリンクを貼ってますが、パッケージ版よりダウンロード版のほうがおすすめです。公式サイトから購入出来ます。
≫CLIP STUDIO PAINT ラインナップを見る

PRO版より高機能なEX版もありますが、マンガ制作しないならPRO版で十分やっていけます。

お金をかけるべき部分はどこ?

少ない予算でやりくりするなら優先順位をつけないといけませんね。

  1. ペンタブ(液タブ)
  2. デッサンの参考書(買わなくてもいい)
  3. 机と椅子
  4. メモリとCPU

ペンタブ

一番使うところにお金をかけるべきですね。とりあえずペンタブかな。描き心地が変わってくるので、お金出す価値はあります。

でもさっきのHUIONのペンタブとか1万円切ってますけど、これだけ高機能揃えています。技術的にはエントリーモデルにちょっと背伸びすればもう差がなくなってきているんじゃないかな。

  • 8192レベル筆圧感知
  • バッテリー不要のペン
  • ワイヤレス接続
  • 1万円切り

あるいはもう少し予算があれば液晶タブレットという選択肢もあります。私持ってないのでレビュー出来ませんが……><

デッサンの参考書

あと正直無理してお金使わなくていいです。いい画材買っても上手くなるわけでもないので、デッサンの参考書でも買って勉強するくらいかな。

でも今はYoutubeもありますし、丁寧に解説してくれているサイトも多いので、わざわざ買わなくてもいいかもですね。

≫hitokaku indexへ
≫お絵かき講座Palmieへ

クリスタの使い方とか色塗りのコツなんかは動画見たほうが早いですが、デッサンは描いた量に比例するので、考え方を学んだらあとはひたすら描くしかないっす。

つくづくお絵かきはお金のかからない趣味だと思いますね。(*´∀`*)

机と椅子

私は四六時中PCにはりついているので、机と椅子には惜しみなく投資しました。足して10万円くらい。

ええ、自分寝具とか生活必需品とか健康グッズにお金を使うタイプです。毎日使うものはこだわったほうがよいと思うんですよ。

そのうちちゃんとレビューしますね。

メモリとCPU

描き方にもよりますが、レイヤー数が多くなる人はメモリとかカツカツになってるかも。

私は自作PCなのでそのへんのカスタマイズが簡単で、CPUはCore i5、メモリ8GB積んでいます。


ちなみにアイキャッチ画像が自分のPCデスクになりますーーーー